STマイクロパイルで地盤強度証明

杭施工において、地盤を把握し、必要な支持力や不動地盤を把握することは非常に重要となる。

このため、杭を打設する前に、標準貫入試験により施工現場の地盤調査を行って支持層の深度や強度の把握をする。
しかし施工現場で測点ごとに標準貫入試験を行っても、実際の杭の施工に際して、各削孔位置ごとに支持層に到達しているかどうかは確認の行いようがないことが、杭施工の課題となってきた。

しかし、STマイクロパイルは特性を活かし、杭施工と同時に先端支持力の把握が可能である。

この特性は、STマイクロパイルならではの利点であり、いかに信頼性の高い工法であるかということが理解していただける。

 

未分類