都市部夜間作業において

都市高速等、重要な役割を果たす道路は、人々の生活のリズムとも言える。

今の時代、そのリズムを崩すことは、経済にも大きな影響を与えてしまう。

発展する交通網に影響を及ぼすことなく工事を行なえるかが今の時代重要なカギを握る。

そのような意味で、夜間作業を滞りなく行える工法は有利となるであろう。

低騒音、無振動削孔を売りとしたWR工法で、夜間にバイパス道路橋脚の耐震補強杭工事を行なった。

削孔工法をスピーディーに行うには、打撃や振動に頼るか、大型マシンによる力業に頼るという考えが基本となるが、都市部で狭隘、空頭制限下においては相反する工法となってしまう・・・。

したがってそのような条件下において、このWR工法は絶大な威力を発揮する。

IMG_20170301_005916

IMG_20170301_010046

未分類