空頭制限でのSTマイクロパイル

島根県雲南市にて、既設の橋の橋脚補強にSTマイクロパイルが採用された。

STマイクロパイルのサイズでは最大径のφ267.3

やはりこのクラスになるとボーリングマシンもそれ相当のパワーが必要となる為、STの選定機械の中では大型のマシンが必要となる。

ここで必要となるボーリングマシンはSM401

ただし現場は空頭制限(高さ制限)がある。

そこで、秘密兵器

SM401用のショートブームに付け替えを行なった。

このように、マシンのオプションを組み替えることであらゆる制約条件をクリア出来るのもこの工法の特徴である。

現場では可愛い見学者が訪れ

はたらくおじさん

はたらく機械に、あこがれの眼差しをそそいでいました。

未分類