特殊条件でのSTマイクロパイル

四国にてSTマイクロパイルの施工を行なった

1449318731586

水管橋の橋脚基礎の杭である

今回はA1側とA2側で削孔の条件が違った

A1ではダウンザホールハンマーでの施工が行われたが

A2では墓のすぐそばということで、打撃工法、振動工法はNGとされた。

そこで採用されたのがダブルロータリー工法

振動や打撃に頼らずスピーディーに掘れる工法である。

1449318776982

このように1台の施工マシンで工法を使い分けることにより、より一層ニーズに合わせた施工が可能となる。

これからもあらゆる場面でSTマイクロパイルの出番があることに期待が持てる。

未分類