深井戸

最近、県内外で深井戸工事が度重なった。

どの現場も200m級である。

井戸としてはそんなに頻繁に掘られる深さではないが、今回はたまたま現場が重なった。

深井戸が掘られるのにはそれなりの理由がある。

お客様が深井戸に魅力を感じて掘っていると言うよりは、掘る必要があるから掘っているのである。

深井戸は主に山間部で掘られることが多いが、山間部では土砂、砂礫層の層厚が比較的薄く伏流水等が望めない為、岩盤の中の地下水を求めなければならい。

岩盤とは岩石で構成された地球の基盤、まさに石の固まりである。

その岩盤から水を取るには、亀裂に流れる地下水を探すしかない・・・確立を上げるには深く掘リ進むしかないのである。

何メータ掘れば亀裂に当たるかは実際に掘ってみてのところになるが、過去の実績や地形、周辺データを見極めた当社特有の判断技術でポイントを絞り込む。

しかし水を出すことで一番大事なのはお客様の出してやろうと言う気持ちだ。

写真を見ていただいて分かるように、岩盤の亀裂にはこのように豊富な地下水が眠っていることもある。

誰の土地であろうとその可能性は十分にあるのだ。

挑戦した者にしか分からない魅力かもしれないが、是非この醍醐味を皆様にも味わっていただきたい。

 

未分類