神戸にて井戸掘削工事

神戸須磨区の病院にて井戸工事を行なった。

海が見渡せるとても眺めのよい高台である。

工法はダウンザホールハンマーで行なった。

また、住宅密集地でもあることからヤードを防音シートで取り囲んだ。

ダウンザホールハンマーで100mまで掘り進んだところで更に掘り進むことが決定。

ここからは工法を変えて掘削を行なうこととした。

地層の条件に合わせ、ロータリー工法の機械一式と入れ替えた。

ここからは長期戦、しっかりと腰を据えて作業を行なう。

昼飯の時だってボーリングマシンは稼働してます。

そして200mまで掘り進んだ。

ところがここでさらに施主の意向で250mまで掘り進むことが決定した。

このボーリング機材ではここまでが限界・・・。

再度機械一式の入れ替えを行なうこととした。

全てが強力に、500mは十分に掘れる設備を整えた。

マシンに余裕があるお陰で予定の250mまであっという間に掘り終えることが出来た。

仕上げのパイプを挿入し、孔内洗浄と共に掘削泥水をバキューム車で吸い取ってもらった。

テストポンプを設置しいよいよ汲み上げ。

濁っているが、しっかり汲んで洗浄するうちに次第に綺麗になっていった。

水質検査も行なったがかなり良い水であった。

今後この病院で色々活用される。

250mもの下から湧き出た水はお風呂等にも使われるとのことだ。

未分類