ぴんぴん歩道橋

九州出張のスタッフより写真が届いた。

以前STマイクロパイルの施工に関わらさせていただいた福岡県八女郡広川町地内に設置された歩道橋の写真

名前は「ぴんぴん歩道橋」

とても立派な歩道橋だ。

地域の強い要望で架けられた歩道橋であるとのこと。

この歩道橋が付く前は横断施設間隔が非常に長く危険な状況もしばしばあったそうで、皆がとても待ち望んだ歩道橋であったそうだ。

完成後特に通学路となるこの地域の子供達にとっては安心安全が確保された。

橋の完成を待ちわびる子供たちが舗装前の路面に思い思いの夢を描いていた。

そして待ち望んだ開通式も盛大に行われたようです。

「ぴんぴん歩道橋」の名前の由来は地元に設置される長寿地蔵尊「ぴんぴん元気地蔵さん」に因んだそうで、皆が健康で長生きするようにという願いが込められているそうだ。

当社が関わったSTマイクロパイルの施工は真夏の暑い時期であった。

7月の豪雨被害にも負けず安全を確保して施工を行なった。

あらゆる困難を乗り越え、ぴんぴん健康で長寿の歩道橋は完成した。

遠い場所で自分たちの技術が地域の役立つものとしてずっと残っていくことに本当に嬉しい気持ちになる。

そして”有難う”という感謝の気持ちも湧いてくる。

余談だが鳥取県のマークと広川町のマークは大変似ている。

↑広川町

↑鳥取県

広川町はカタカナの「ヒ」から、鳥取県はひらがなの「と」からデザインされているようだ。

ちなみに当社のマーク↓

未分類